メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化石

ペンギンモドキ 肩の構造 初解明 北海道・足寄

北海道網走市で見つかったペンギンモドキの骨格標本の前で説明する安藤達郎副館長=足寄町で2018年8月27日、鈴木斉撮影

 足寄動物化石博物館(北海道足寄町)は27日、絶滅鳥類プロトプテルム類(通称・ペンギンモドキ)の山口県下関市で発見された化石と網走市で見つかった化石を調べ、肩の構造を初めて解明したと発表した。同館は「ペンギンのようでペンギンではない鳥の謎を解明する手がかりになる」と期待している。

 同博物館によると、ペンギンモドキは3700万~1400万年前に北半球に生息したとされ、南半球のペンギン同様、海中を潜水・遊泳していたとみられる。体長は60センチから17…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです