メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化石

ペンギンモドキ 肩の構造 初解明 北海道・足寄

北海道網走市で見つかったペンギンモドキの骨格標本の前で説明する安藤達郎副館長=足寄町で2018年8月27日、鈴木斉撮影

 足寄動物化石博物館(北海道足寄町)は27日、絶滅鳥類プロトプテルム類(通称・ペンギンモドキ)の山口県下関市で発見された化石と網走市で見つかった化石を調べ、肩の構造を初めて解明したと発表した。同館は「ペンギンのようでペンギンではない鳥の謎を解明する手がかりになる」と期待している。

 同博物館によると、ペンギンモドキは3700万~1400万年前に北半球に生息したとされ、南半球のペンギン同様、海中を潜水・遊泳していたとみられる。体長は60センチから17…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 声優の朴ロ美&山路和弘が結婚発表「共に支え合って人生という路を歩んでいきます」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  4. 女子高生死亡事故で男性に無罪 自転車「予見」に疑い 徳島地裁

  5. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです