富山の庭園

「元気届けたい」原発事故で廃園のバラ園再現

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
氷見あいやまガーデン内に「双葉バラ園」を再現しようと奮闘する増井俊一社長=富山県氷見市で2018年8月25日、鶴見泰寿撮影
氷見あいやまガーデン内に「双葉バラ園」を再現しようと奮闘する増井俊一社長=富山県氷見市で2018年8月25日、鶴見泰寿撮影

 東京電力福島第1原発事故で廃園に追い込まれた福島県双葉町の「双葉ばら園」が、富山県氷見市の西洋風庭園「氷見あいやまガーデン」で再現された。植栽されているのは、双葉ばら園で長年親しまれた「オールドローズ」や、原発事故の中、唯一生き残ったオリジナル品種など。ガーデンの関係者は「避難を続ける皆さんを勇気づけたい」と復興へ思いを込める。

 同原発から西約8キロにある同園は、園主の岡田勝秀さん(74)が1968年に開設。約6万平方メートルの園に750種7000株が栽培され、年間約5万人が訪れていたが、事故で全町避難となり、廃園を余儀なくされた。2015年には英国のウィリアム王子から手紙が届くなど国内外のバラ愛好家から復活を望む声が上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文816文字)

あわせて読みたい

注目の特集