メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山の庭園

「元気届けたい」原発事故で廃園のバラ園再現

氷見あいやまガーデン内に「双葉バラ園」を再現しようと奮闘する増井俊一社長=富山県氷見市で2018年8月25日、鶴見泰寿撮影

 東京電力福島第1原発事故で廃園に追い込まれた福島県双葉町の「双葉ばら園」が、富山県氷見市の西洋風庭園「氷見あいやまガーデン」で再現された。植栽されているのは、双葉ばら園で長年親しまれた「オールドローズ」や、原発事故の中、唯一生き残ったオリジナル品種など。ガーデンの関係者は「避難を続ける皆さんを勇気づけたい」と復興へ思いを込める。

 同原発から西約8キロにある同園は、園主の岡田勝秀さん(74)が1968年に開設。約6万平方メートル…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  2. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです