メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

富山の庭園

「元気届けたい」原発事故で廃園のバラ園再現

氷見あいやまガーデン内に「双葉バラ園」を再現しようと奮闘する増井俊一社長=富山県氷見市で2018年8月25日、鶴見泰寿撮影

 東京電力福島第1原発事故で廃園に追い込まれた福島県双葉町の「双葉ばら園」が、富山県氷見市の西洋風庭園「氷見あいやまガーデン」で再現された。植栽されているのは、双葉ばら園で長年親しまれた「オールドローズ」や、原発事故の中、唯一生き残ったオリジナル品種など。ガーデンの関係者は「避難を続ける皆さんを勇気づけたい」と復興へ思いを込める。

 同原発から西約8キロにある同園は、園主の岡田勝秀さん(74)が1968年に開設。約6万平方メートルの園に750種7000株が栽培され、年間約5万人が訪れていたが、事故で全町避難となり、廃園を余儀なくされた。2015年には英国のウィリアム王子から手紙が届くなど国内外のバラ愛好家から復活を望む声が上がっていた。

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文816文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです