メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡・上毛

被爆地の中間で「廃絶」叫ぶ 第3の発信地に

被爆樹木の植樹が計画されている「大池公園」。東岸(左側)が「広島ゾーン」、西岸(右側)が「長崎ゾーン」=福岡県上毛町で2018年8月17日、津島史人撮影

 福岡県上毛(こうげ)町は、広島市と、長崎市の原爆爆心地を直線で結んだちょうど中間地点(ともに直線で約150キロ)にある。このことに気づいた広島の被爆者から「核廃絶に向けた第3の発信拠点になってほしい」と求められたのを機に、町は原爆で焼かれても再び芽吹いたクスノキなど被爆樹木の苗を植樹することを決めた。来年8月の植樹をスタートに「核なき世界」へ向けたメッセージの発信を目指す。

 町に植樹を要請したのは、広島市西区の建築家、錦織亮雄(にしきおり・あきお)さん(80)。7歳で広島で被爆し、当時13歳の姉と70代の曽祖母を亡くした。戦後、平和への思いを訴えてきたが、「被爆地以外では『核廃絶の声を上げにくい』と思われている」と感じてきた。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文812文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ巡る都知事の「夜の街」発言 客観的説明なく偏見を助長

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  5. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです