アジア大会

乾、吉田組が銀 新星ペア持ち味発揮 AS

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ジャカルタ・アジア大会は第11日の28日、アーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)で乾友紀子(井村ク)、吉田萌(ザ・クラブピア88)組が92.1000点で、テクニカルルーティン(TR)との合計182.3363点で2位となり、2002年の立花美哉、武田美保組以来の優勝を逃した。中国が4連覇を飾った。

 6月に正式にペアを結成した2人にとって今大会はデビュー戦だった。前日のTRは「かなり緊張した」と吉田は話したが、2人の持ち味が存分に発揮されていた。緩急自在に操る脚技は見事にはまり、テーマの忍者を演じ切った。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集