特集

2021自民党総裁選

岸田文雄首相による新内閣が発足しました。内閣について考察した記事や各国の反応をまとめています。

特集一覧

自民党総裁選

石破氏が公約 改憲は「丁寧な議論」重視

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見で自民党総裁選に向けて政策を発表する石破茂元幹事長=衆院第1議員会館で2018年8月27日午後1時31分、川田雅浩撮影
記者会見で自民党総裁選に向けて政策を発表する石破茂元幹事長=衆院第1議員会館で2018年8月27日午後1時31分、川田雅浩撮影

 自民党の石破茂元幹事長(61)は27日、国会内で記者会見し、総裁選(9月7日告示、同20日投開票)に向けた公約を発表した。憲法改正については「他党との丁寧な議論」を重視する姿勢を明記。秋の臨時国会に自民党案を提出する構えを見せる安倍晋三首相(63)との違いを強調した。

 記者会見した石破氏は改憲について「スケジュール感ありきと思っていない」と語った。衆参両院の憲法審査会における他党との合意形成や国民の理解を重視し、実現を急がない考えを改めて示した。

 石破氏は総裁選で当選した場合に実施するメニューとして「政治・行政の信頼回復100日プラン」を掲げた。首相官邸の信頼回復を重視した改革案で、会見では省庁の幹部人事を一元管理する内閣人事局について「運営方針を見直していく」と明言。「官邸主導の政策推進プロセスを透明化していかなければならない」と語った。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文773文字)

【2021自民党総裁選】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集