メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

石破氏が公約 改憲は「丁寧な議論」重視

記者会見で自民党総裁選に向けて政策を発表する石破茂元幹事長=衆院第1議員会館で2018年8月27日午後1時31分、川田雅浩撮影

 自民党の石破茂元幹事長(61)は27日、国会内で記者会見し、総裁選(9月7日告示、同20日投開票)に向けた公約を発表した。憲法改正については「他党との丁寧な議論」を重視する姿勢を明記。秋の臨時国会に自民党案を提出する構えを見せる安倍晋三首相(63)との違いを強調した。

 記者会見した石破氏は改憲について「スケジュール感ありきと思っていない」と語った。衆参両院の憲法審査会における他党との合意形成や国民の理解を重視し、実現を急がない考えを改めて示した。

 石破氏は総裁選で当選した場合に実施するメニューとして「政治・行政の信頼回復100日プラン」を掲げた…

この記事は有料記事です。

残り497文字(全文773文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 甲府市役所で男性職員死亡 飛び降りか /山梨

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです