メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

討論会3回を踏襲 街頭演説は京都など

自民党総裁選の主な日程

 自民党は27日、総裁選管理委員会(委員長・野田毅元自治相)を党本部で開き、総裁選(9月7日告示、同20日投開票)の演説会や討論会の日程を内定した。28日にも正式決定する。

 告示日には、立候補を届け出た候補の所見発表演説会と共同記者会見を党本部で行う。街頭などでの演説会は8、15、16の各日に東京、京都、佐賀など少なくとも5カ所で実施する方向だ。

 討論会は、8日に日本記者クラブが主催。9日に党青年局・女性局主催、インターネット動画サイト「ニコニ…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文468文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです