メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

安倍合同選対本部長に橋本氏 改憲へ意欲

 安倍晋三首相(63)を支持する細田、麻生、岸田、二階、石原の5派閥と衆院竹下派などは週内に総裁選の合同選対本部を設置する。選対本部長には橋本聖子参院議員会長、事務総長には甘利明元経済再生担当相、事務局長には萩生田光一幹事長代行がそれぞれ就任することが内定した。

 首相は27日、福井、富山両県を訪問した…

この記事は有料記事です。

残り182文字(全文333文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「人としてあるまじきこと」 不倫報道の埼玉県議が議員辞職

  2. 大阪のタワマン29階から男性転落死 警視庁が詐欺容疑で家宅捜索中

  3. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

  4. 大村知事「東京、大阪は医療崩壊」 吉村知事「根拠が不明」 会見、ツイートで応酬

  5. 北九州で新たに21人感染確認 23日連続ゼロから一転、6日連続で感染者 「第2波」に危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです