メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都内

自動運転タクシー実証実験 実用化へ期待と課題

 東京都内で27日、自動運転車両を用いたタクシーの実証実験が始まった。東京五輪・パラリンピックが開催される2020年の実用化を見据え、各地で自動運転バスやタクシーの実証実験が活発化しているが、事故の責任を巡る法整備など課題も多い。

 タクシー大手の日の丸交通と、ロボットベンチャーのZMPが、東京都などの協力を得て実証実験を開始。初日の27日は、あらかじめ決められた大手町-六本木間の約5.3キロのコースを3往復し、公募で当選した乗客が利用した。料金は片道1500円。実際に客から運賃を徴収する自動運転タクシーの営業走行は世界で初めてという。

 車両には安全のため運転手と技術者が同乗したが、アクセルやハンドル、ブレーキはシステムが操作。車線変…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文1027文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加藤浩次さんと吉本、平行線 大崎会長「持ち帰らせてくれ」
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 山本冷遇の記憶 極楽・加藤 吉本トップを痛烈批判 松ちゃんにも「大先輩におこがましいが…」(スポニチ)
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 首相、韓国が「約束一方的に破っている」 日韓関係「信頼の問題だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです