メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

乳がん

40代後半~50代前半がピーク 11人に1人

 乳がんは国内の女性が罹患(りかん)しやすいがんで、女性の11人に1人が生涯にかかるとされる。2011年の推計患者数は約7万2500人で、40代後半から50代前半がピークだ。

 一方、乳がんによる死亡は、女性の大腸がんや肺がんより少ない。13年の死亡数は約1万3000人で、昨年6月に34歳で亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さんも乳がんだった。5年生存率は国立がん研究センターの統計で90%を超えるが、離れた場所に転移しているステージ4だと30%台に下がる。

 乳がん検診は40歳以上に2年に1回の「マンモグラフィー検査」が推奨され、受診率は16年度推計で44.9%。治療法は抗がん剤、ホルモン療法などのほか、初期の場合を中心に乳房の切除手術も選択肢にあり、乳房の変形が軽度で済む温存手術も行われている。【清水健二】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです