メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

応急仮設住宅の無償貸与20年3月打ち切り

東京電力福島第1原発事故の避難者が暮らす仮設住宅では、入居者が新たな住宅を確保するなどして空室が目立つようになっている=福島県二本松市赤井沢の「旧平石小学校仮設住宅」で2017年4月、宮崎稔樹撮影

 東京電力福島第1原発事故により、福島県の帰還困難区域を含む4町村からの避難者に対し、県は27日、応急仮設住宅の無償貸与を2020年3月で打ち切ると発表した。帰還困難区域からの避難者に打ち切りの期限が示されたのは初めて。これにより福島第1原発がある大熊、双葉両町を除き、全自治体で無償貸与が終了する。

 対象は葛尾、飯舘両村の帰還困難区域と、富岡、浪江両町の同区域を含む全域からの避難者で計3298世帯。プレハブの仮設住宅と…

この記事は有料記事です。

残り317文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです