土石流で損壊しフェンスで囲まれた小屋浦開閉所跡。右中央の礎石は全壊した砂防ダムの基礎=広島県坂町小屋浦で2018年7月15日、松浦吉剛撮影

 西日本豪雨で生じた広島県内の大規模断水で、土石流で損壊した県営水道トンネルの管理用出入り口が土砂災害の想定区域に立地しながら、県企業局が災害対策を実施していなかったことが分かった。出入り口は同県坂町小屋浦地区にあり、ここからトンネル内に土砂が流入して送水が止まり、呉市や江田島市など最大約16万人に…

続きを読む