メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八幡市民会館

埋文センター移転で保存へ

活用の方針が固まった八幡市民会館=北九州市八幡東区で、木村敦彦撮影

 北九州市は、戦後日本を代表する建築家、村野藤吾(1891~1984年)が設計し、2016年3月に閉館した八幡市民会館(八幡東区)の建物を保存し、市立埋蔵文化財センター(小倉北区)を移転させる方針を固めた。関係者への取材で判明した。14年3月に閉館が決まって以降、歴史ある建築物の存廃を巡り揺れていた。市は近く発表する。

 村野は佐賀県唐津市出身。12歳の頃、現在の北九州市に移住し、小倉工業学校(現小倉工業高校)卒業後、早稲田大で建築学を学んだ。代表作に戦後建築物として06年に初めて国重要文化財に指定された世界平和記念聖堂(1954年、広島市)などがある。

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです