メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

八幡市民会館

埋文センター移転で保存へ

活用の方針が固まった八幡市民会館=北九州市八幡東区で、木村敦彦撮影

 北九州市は、戦後日本を代表する建築家、村野藤吾(1891~1984年)が設計し、2016年3月に閉館した八幡市民会館(八幡東区)の建物を保存し、市立埋蔵文化財センター(小倉北区)を移転させる方針を固めた。関係者への取材で判明した。14年3月に閉館が決まって以降、歴史ある建築物の存廃を巡り揺れていた。市は近く発表する。

 村野は佐賀県唐津市出身。12歳の頃、現在の北九州市に移住し、小倉工業学校(現小倉工業高校)卒業後、…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです