メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

空手男子84キロ級組手で荒賀が連覇

空手男子組手84キロ級決勝、攻める荒賀龍太郎(右)=ジャカルタで2018年8月27日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、空手の男子組手84キロ級が行われ、2016年世界選手権優勝の荒賀龍太郎(荒賀道場)が2大会連続で金メダルを獲得した。日本勢の組手での連覇は大会史上初。

 世界王者が、男子組手メダルゼロの危機を救った。ここまでの2人はいずれも3位決定戦にも勝ち上がれず敗退。悪い流れを止める優勝を決めた荒賀は「ほっとした」と本音をもらした。

 試合のマットに上がった時から「(相手との)間合いが合わない」と感じていた。思うようにポイントがとれ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「まれにみる異常な殺人運転」と懲役18年求刑 堺あおり運転
  2. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  3. あおり運転、殺意否認 地裁堺支部で初公判、「故意に衝突していない」
  4. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」
  5. 「もう耐えられない」 ゴーン容疑者捜査の端緒 外国人幹部の告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです