メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

空手男子84キロ級組手で荒賀が連覇

空手男子組手84キロ級決勝、攻める荒賀龍太郎(右)=ジャカルタで2018年8月27日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、空手の男子組手84キロ級が行われ、2016年世界選手権優勝の荒賀龍太郎(荒賀道場)が2大会連続で金メダルを獲得した。日本勢の組手での連覇は大会史上初。

 世界王者が、男子組手メダルゼロの危機を救った。ここまでの2人はいずれも3位決定戦にも勝ち上がれず敗退。悪い流れを止める優勝を決めた荒賀は「ほっとした」と本音をもらした。

 試合のマットに上がった時から「(相手との)間合いが合わない」と感じていた。思うようにポイントがとれ…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文596文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  2. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  3. 島根大、4学部で新選抜 へるん入試、21年度「一般、特定型」 好奇心や課題意識を重視 /島根

  4. サッカーキング アディダスが日本代表新ユニのリークへ声明発表…正式発表は後日実施へ

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです