メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

空手男子84キロ級組手で荒賀が連覇

空手男子組手84キロ級決勝、攻める荒賀龍太郎(右)=ジャカルタで2018年8月27日、徳野仁子撮影

 ジャカルタ・アジア大会は第10日の27日、空手の男子組手84キロ級が行われ、2016年世界選手権優勝の荒賀龍太郎(荒賀道場)が2大会連続で金メダルを獲得した。日本勢の組手での連覇は大会史上初。

 世界王者が、男子組手メダルゼロの危機を救った。ここまでの2人はいずれも3位決定戦にも勝ち上がれず敗退。悪い流れを止める優勝を決めた荒賀は「ほっとした」と本音をもらした。

 試合のマットに上がった時から「(相手との)間合いが合わない」と感じていた。思うようにポイントがとれ…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文596文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. プロ野球 ドラフト情報 吉田「野球が仕事に」
  3. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです