メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

AS2位の乾・吉田組、切れ味のある脚技光り

アーティスティックスイミングのデュエット

 6月に結成したばかりのアーティスティックスイミング(AS)のデュエット、乾友紀子(27)・吉田萌(23)組。このデュエットが27日のジャカルタ・アジア大会のテクニカルルーティン(TR)に登場した。切れ味のある脚技が光り、90.2363点で中国に次いで2位。井村雅代ヘッドコーチは「これからはこのデュエットで戦うというアピールをしたい」と期待した。中国は井村ヘッドコーチが指揮を執っていた時の双子のデュエットだ。TRとの合計点で争う28日のフリールーティン(FR)に向け乾は「強い気持ちを持って臨む」と意気込む。

 カナダ遠征から帰国した6月、井村ヘッドコーチは大きな決断をした。主将の乾とペアを組んでいた中牧佳南…

この記事は有料記事です。

残り879文字(全文1205文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 座間事件 「後悔はある。もっと遊びたかった」 9人殺害・白石被告一問一答(その1)

  4. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  5. 富山・クマの人身被害、5日連続 ラジオ体操帰りの3人重軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです