メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

さくらももこさん死去

地元・静岡市に献花台 早すぎる死、悲しみ広がる

「ちびまる子ちゃんランド」内に設けられた記帳台に向かうファンら=静岡市清水区のエスパルスドリームプラザで2018年8月28日午前11時9分、大谷和佳子撮影

 今月15日に乳がんで亡くなっていたことが明らかになった、国民的人気漫画「ちびまる子ちゃん」の作者で静岡市清水区出身のさくらももこさん。清水区はちびまる子ちゃんの舞台になり、静岡市にイラストを提供するなど市のPRにも大きく貢献した。死去の公表から一夜が明けた28日、市民からは早すぎる死を惜しむ声が聞かれ、悲しみが広がった。

 作品に登場する公園などを再現した施設「ちびまる子ちゃんランド」(静岡市清水区入船町)には献花台と記帳台が設置され、朝から多くのファンが訪れた。記帳に訪れた清水区の長嶺保雄さん(59)は「作品に地元の街並みが登場するので『ああ、あそこね』と思いながら見るのが好きだった。突然のことで、もっと長く生きてほしかった」と肩を落とした。

この記事は有料記事です。

残り618文字(全文944文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  2. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです