メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
ドラマ

橋田寿賀子さんと石井ふく子プロデューサーが会見 「渡鬼」最新作

「渡る世間は鬼ばかり・3時間スペシャル2018」の放送発表で質問に答える脚本の橋田壽賀子さん。左は石井ふく子プロデューサー=東京都港区のTBSテレビで2018年8月27日、藤井太郎撮影

 TBS系で放送される「橋田寿賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 三時間スペシャル2018」(9月17日午後8時)の脚本を手がけた橋田寿賀子さん(93)と石井ふく子プロデューサー(91)が、東京・赤坂のTBS放送センターで記者会見した。1990(平成2)年から続く「渡鬼」シリーズの最新作について、橋田さんは「自分が書きたい、言いたいことを訴えられる、一つのメディアを持っているというのは大変幸せ。今回もいろいろなことを書きました」、石井さんは「家族ってやっぱりいいなと思ってほしい」とそれぞれ述べた。

 昨年秋のスペシャルに続く放送。今作は、小島勇(角野卓造さん)が階段を踏み外して入院し、五月(泉ピン子さん)は店を休んで勇の介護に臨む。一方、勇がリハビリをする間、五月は息子の真(えなりかずきさん)とその妻の貴子(清水由紀さん)の家に住まわせてもらうことを期待するが、貴子は猛反対。シリーズならではの家族の本音バトルが勃発する。竹下景子さんの長男、関口まなとさんが医師の役でテレビドラマデビューする。

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです