メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドラマ

橋田寿賀子さんと石井ふく子プロデューサーが会見 「渡鬼」最新作

「渡る世間は鬼ばかり・3時間スペシャル2018」の放送発表で質問に答える脚本の橋田壽賀子さん。左は石井ふく子プロデューサー=東京都港区のTBSテレビで2018年8月27日、藤井太郎撮影

 TBS系で放送される「橋田寿賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 三時間スペシャル2018」(9月17日午後8時)の脚本を手がけた橋田寿賀子さん(93)と石井ふく子プロデューサー(91)が、東京・赤坂のTBS放送センターで記者会見した。1990(平成2)年から続く「渡鬼」シリーズの最新作について、橋田さんは「自分が書きたい、言いたいことを訴えられる、一つのメディアを持っているというのは大変幸せ。今回もいろいろなことを書きました」、石井さんは「家族ってやっぱりいいなと思ってほしい」とそれぞれ述べた。

 昨年秋のスペシャルに続く放送。今作は、小島勇(角野卓造さん)が階段を踏み外して入院し、五月(泉ピン…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1090文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです