メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

白河 桃子・評『彼女は頭が悪いから』『女性の視点で見直す人材育成』

◆『彼女は頭が悪いから』姫野カオルコ・著(文藝春秋/税別1750円)

◆『女性の視点で見直す人材育成-だれもが働きやすい「最高の職場」をつくる』中原淳、トーマツ イノベーション/著(ダイヤモンド社/税別2000円)

 これは大変な小説だ。東大生サークルによる集団わいせつ事件をモデルにした『彼女は頭が悪いから』。慶應女子高がモデルという桐野夏生の『グロテスク』以来の衝撃的作品だ。この事件当時、被害者は「東大生狙いの勘違い女」と叩(たた)かれた。

 加害者である東大生の罪は明白だ。この小説は、女を物として効率的に消費し、自分の利益にするという物語でもある。彼らは性欲すらなかった。あったのはただ、「東大ではない人間を馬鹿にしたい欲」だった。彼女は彼らよりも偏差値が低く、女性であるということで、二重に下位と判断された。世間もその価値観を内在化し「東大生の将来を台無しにした勘違い女」と辱めたのだ。いびつなエリートをつくる性教育、ジェンダー教育の不…

この記事は有料記事です。

残り1108文字(全文1529文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 関ジャニ∞ 安田章大の写真集発売が決定 脳腫瘍の闘病中の写真も収録「僕に触れてみて」

  2. アップルがアプリストアから「フォートナイト」削除 手数料巡り「バトル」激化

  3. 「びっくりした」 おぎやはぎの小木さんが初期の腎細胞がんで一時休養を発表

  4. 犬の散歩中、男性はねられ死亡 運転の大学生「LINE来たのでスマホを」

  5. 東京・足立の住宅に500人分の人骨 標本業者が放置か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです