メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『村上春樹語辞典』ナカムラクニオ、道前宏子・著

さりげなく物語に誘うハルキワールドの比喩

◆『村上春樹語辞典』ナカムラクニオ、道前宏子(どうぜん・ひろこ)・著(誠文堂新光社/税別1400円)

 「ありあわせのスパゲティー」から「悪くない」まで五十音順に、村上春樹にまつわる情報、「やれやれ」に代表される頻出する言い回し、小説の登場人物、所縁(ゆかり)の人、翻訳を手がけた作家や作品について調べ上げ、並べた辞典である。

 村上春樹の小説に登場するお酒について書こうとしており、あらためてその作品を辿(たど)り直したかった…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです