メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『村上春樹語辞典』ナカムラクニオ、道前宏子・著

◆『村上春樹語辞典』ナカムラクニオ、道前宏子(どうぜん・ひろこ)・著(誠文堂新光社/税別1400円)

 「ありあわせのスパゲティー」から「悪くない」まで五十音順に、村上春樹にまつわる情報、「やれやれ」に代表される頻出する言い回し、小説の登場人物、所縁(ゆかり)の人、翻訳を手がけた作家や作品について調べ上げ、並べた辞典である。

 村上春樹の小説に登場するお酒について書こうとしており、あらためてその作品を辿(たど)り直したかった私にとっては、有難い一冊でもある。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文939文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです