メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『村上春樹語辞典』ナカムラクニオ、道前宏子・著

さりげなく物語に誘うハルキワールドの比喩

◆『村上春樹語辞典』ナカムラクニオ、道前宏子(どうぜん・ひろこ)・著(誠文堂新光社/税別1400円)

 「ありあわせのスパゲティー」から「悪くない」まで五十音順に、村上春樹にまつわる情報、「やれやれ」に代表される頻出する言い回し、小説の登場人物、所縁(ゆかり)の人、翻訳を手がけた作家や作品について調べ上げ、並べた辞典である。

 村上春樹の小説に登場するお酒について書こうとしており、あらためてその作品を辿(たど)り直したかった…

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文939文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  2. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです