メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熱血!与良政談

首相に利用されるな!=与良正男

 こんな演出が当たり前のように許される時代になってしまった。

 安倍晋三首相が先日、鹿児島県の桜島をバックに自民党総裁選への出馬を表明した光景をNHKの生中継で見て、私は改めて深いため息をついた。

 「子供、孫の世代に美しい伝統あるふるさと、誇りある日本を引き渡すため……」等々と首相が一方的に語った後、記者からの質問はわずか二つ。地方重視の姿勢をアピールするパフォーマンスであり、森友問題をはじめ都合の悪い話をあれこれ聞かれたくないという首相の意図は見え見えだった。

 にもかかわらず首相側の予定通り、短時間で終わってしまった。新聞・テレビはまんまと利用されたというこ…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文937文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 社説 桜田五輪担当相の迷走 滞貨一掃人事の重いツケ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです