メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/242 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(77)

 タケシはコンクリートの縁に頭をもたせかけ、寝ころぶようにぬるい水に浸(つ)かった。胸まであたたかな水がやってくる。国民服は濡(ぬ)れてごわごわだが、実にいい気分だ。

「ぼくは疲れたから、すこし休みます。未来の話は後でしましょう。みなさん、今夜はほんとうにお疲れ様でした」

 地獄のような夜だった。街が燃え、人が燃え、自動車と路面電車が燃え、学校と映画館が燃え、木々と空が燃え、東京の過去と未来が燃えるのを見てきた。そのなかで自分は何度も焼け死んでは、時間をほんのわずか巻き戻し、時田家の人々を守るために全力を尽くしてきた。炎のなかで命を落とすのは何度試しても恐ろしい経験だった。きっとあの痛みは、この身体(からだ)に焼きついて一生消えないだろう。

 だが、すべて終わったのだ。もうすぐ朝がくる。つらかったけれど、時田武おまえはほんとうによくがんばった。誰にも知られることはないのだから、自分で自分を認めてやろう。おまえはほんとうによくがんばった。命を投げ捨て、人の命を何度も救ったのだ。義雄伯父さんも、アメリカにいる父さんもきっとほめてくれるだろう。閉じた目の奥が熱くなり、涙が頬をこぼれ落ちていく。

この記事は有料記事です。

残り528文字(全文1033文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  2. 金沢市内の男子中学生陽性 感染者の家族 症状なし、学校は休校に 新型肺炎

  3. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  4. クルーズ船下船後に女性が陽性、発熱 初のケース 栃木県発表 新型肺炎

  5. 新型コロナ「花見川区の中学校教諭り患」「安易に校名広げない配慮を」 千葉市長がツイート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです