メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/242 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

その夜(77)

 タケシはコンクリートの縁に頭をもたせかけ、寝ころぶようにぬるい水に浸(つ)かった。胸まであたたかな水がやってくる。国民服は濡(ぬ)れてごわごわだが、実にいい気分だ。

「ぼくは疲れたから、すこし休みます。未来の話は後でしましょう。みなさん、今夜はほんとうにお疲れ様でした」

 地獄のような夜だった。街が燃え、人が燃え、自動車と路面電車が燃え、学校と映画館が燃え、木々と空が燃え、東京の過去と未来が燃えるのを見てきた。そのなかで自分は何度も焼け死んでは、時間をほんのわずか巻き戻し、時田家の人々を守るために全力を尽くしてきた。炎のなかで命を落とすのは何度試しても恐ろしい経験だった。きっとあの痛みは、この身体(からだ)に焼きついて一生消えないだろう。

 だが、すべて終わったのだ。もうすぐ朝がくる。つらかったけれど、時田武おまえはほんとうによくがんばっ…

この記事は有料記事です。

残り654文字(全文1033文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです