ネット調査

喫煙できる飲食店、6割「イヤ」 分煙でも25%「避ける」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 喫煙できる飲食店には入りたくないと思う人は58%に上るとのインターネット調査結果を、民間シンクタンク「日本医療政策機構」がまとめた。

 分煙でも4分の1の人が入店を避けるという。国民の嫌煙志向が色濃く出た結果といい、飲食店は対応を迫られそうだ。

 7月に成立した改正健康増進法では、小規模の既存飲食店は「喫煙可」と掲示すれば、経過措置として店内での喫煙が認められる。加熱式たばこも専用の喫煙室を設けて分煙すれば、飲食しながらでも喫煙できる。

 同機構が6月、日本の医療に関する調査の一環として、成年1000人に「行こうとした店が喫煙可(分煙含まない)だったら入るのを避けるか」を尋ねたところ、「そう思う」が58%と過半数を占めた。女性は63%で、男性の53%より多かった。分煙でも避けると答えた人は25%。加熱式たばこによる受動喫煙の健康への影響が気になる人も36%いた。

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文582文字)

あわせて読みたい

注目の特集