メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

めがねと旅する美術展

視覚文化って面白い! VRなど体験型作品も 青森で来月2日まで /青森

 だまし絵や仮想現実(VR)など、視覚文化の面白さに迫る企画「めがねと旅する美術展」が来月2日まで、青森市の県立美術館で開かれている。全国三つの美術館の学芸員が視覚文化について考えようと結成したトリメガ研究所による企画展の第3弾。遠近法やレンズを使ったからくり、テクノロジーの発達による新しい見え方など、近現代の視覚文化の進化と発展を紹介する作品約250点を展示している。

 全6部で構成され、第1部は「俯瞰(ふかん)」がテーマの一つ。画家が想像で富士山を見下ろすように描い…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文510文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです