メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

めがねと旅する美術展

視覚文化って面白い! VRなど体験型作品も 青森で来月2日まで /青森

 だまし絵や仮想現実(VR)など、視覚文化の面白さに迫る企画「めがねと旅する美術展」が来月2日まで、青森市の県立美術館で開かれている。全国三つの美術館の学芸員が視覚文化について考えようと結成したトリメガ研究所による企画展の第3弾。遠近法やレンズを使ったからくり、テクノロジーの発達による新しい見え方など、近現代の視覚文化の進化と発展を紹介する作品約250点を展示している。

 全6部で構成され、第1部は「俯瞰(ふかん)」がテーマの一つ。画家が想像で富士山を見下ろすように描い…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです