メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ふくしま満天堂

県ブランド、広島の老舗とコラボ商品 地元食材使い南相馬、国見で販売へ /福島

八天堂「100時間カレーパン」ベースに

 1~3次産業が連携することで新たな価値を生み出す6次化商品の県ブランド「ふくしま満天堂」は、広島県の有名老舗パン店「八天堂」とコラボした新商品を、南相馬市と国見町で販売する。八天堂の人気商品「100時間カレーパン」の原材料に地元産の農産物を使ったりする。本来は7月末に発売予定だったが、6~7月の西日本豪雨で八天堂の工場は一時的に稼働停止に追い込まれた。それでも、森光孝雅社長の「同じ被災地である福島県との取り組みが、自分たちの励みにつながる」との強い思いで販売にこぎ着けた。

 南相馬市では物産店「セデッテかしま」で29日から、衣に県産のもち米を使った100時間カレーパン(3…

この記事は有料記事です。

残り536文字(全文844文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  2. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  3. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  4. 女性巡査が「出会い系」通じ男性と交際、懲戒処分に 山口県警

  5. 見る探る 東京駅で出会ったナミビア人についていったら 台風、被災地、そして「歴史的試合」は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです