メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

児童ら元気に登校 54日ぶり、箭田小の270人 /岡山

担任の教師(右)から健康状態を確認される岡山県倉敷市立箭田小の1年生児童=同市玉島の玉島小で、戸田紗友莉撮影

 西日本豪雨で校舎が浸水した倉敷市立箭田小学校(同市真備町箭田)が28日、登校日を迎えた。仮設校舎ができるまで間借りする市立玉島小に約270人の児童が元気な姿を見せ、54日ぶりの登校を果たした。

 真備町地区の小学校は7月5日の授業を最後に休校となり、そのまま夏休みに入った。9月3日の2学期開始を前に、各校で順次登校日を設定している。

 箭田小の児童はこの日の朝、スクールバスや徒歩などで登校した。全校集会で大崎卓己校長は「全員無事でい…

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「空飛ぶサケ」クマ牧場をゆく 寒風さらし上質トバに

  2. インフルエンザ 広島市が注意報 /広島

  3. 12月日銀短観 大企業・製造業が4四半期連続で悪化 増税・台風下押し

  4. 実質賃金のデータ隠す安倍政権 世界の笑いもの

  5. 本当に住みやすい街大賞で埼玉・川口が1位 都心アクセス良く、商業施設も充実

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです