メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
平成をあるく

口蹄疫 「種牛だけは殺さないで」 日本一の和牛種、農家の涙 /四国

家畜30万頭が犠牲に

 「種牛だけは殺さないでくれ」。薦田(こもだ)長久(80)は宮崎県知事の東国原英夫(60)と向かい合い、懇願した。民間で種牛を育てる畜産家の1時間以上続いた必死の訴え。東国原も最終的には「分かりました。牛を守りましょう」と折れざるを得なかった。しかし国はこれを認めず、薦田の種牛6頭はそれから10日もしないうちに殺処分された。

 2010(平成22)年春から夏にかけて、宮崎県内で約30万頭の家畜が犠牲になり、約2350億円もの…

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2201文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 青島氏僅差でリード 大野氏が激しく追う 与野党激戦 埼玉知事選情勢

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです