メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成をあるく

口蹄疫 「種牛だけは殺さないで」 日本一の和牛種、農家の涙 /四国

家畜30万頭が犠牲に

 「種牛だけは殺さないでくれ」。薦田(こもだ)長久(80)は宮崎県知事の東国原英夫(60)と向かい合い、懇願した。民間で種牛を育てる畜産家の1時間以上続いた必死の訴え。東国原も最終的には「分かりました。牛を守りましょう」と折れざるを得なかった。しかし国はこれを認めず、薦田の種牛6頭はそれから10日もしないうちに殺処分された。

 2010(平成22)年春から夏にかけて、宮崎県内で約30万頭の家畜が犠牲になり、約2350億円もの…

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2201文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 内田正人さんが死去、82歳 コーラスグループ「ザ・キングトーンズ」リーダー
  2. 詐欺的サブリース 広がる 不動産業者、若者狙う 二重契約でローン一部ピンハネ 一括返金請求の恐れ
  3. おかあさんといっしょ さよならよしお兄さん! 最長14年担当の体操のお兄さんが3月末で卒業 パント!のりさお姉さんも
  4. 硫黄島遺骨 DNA鑑定拒む 「遺品なし」理由 厚労省
  5. 東海第2原発 住民説明会が終了 県主催で6カ所、延べ753人参加 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです