メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成をあるく

口蹄疫 「種牛だけは殺さないで」 日本一の和牛種、農家の涙 /四国

家畜30万頭が犠牲に

 「種牛だけは殺さないでくれ」。薦田(こもだ)長久(80)は宮崎県知事の東国原英夫(60)と向かい合い、懇願した。民間で種牛を育てる畜産家の1時間以上続いた必死の訴え。東国原も最終的には「分かりました。牛を守りましょう」と折れざるを得なかった。しかし国はこれを認めず、薦田の種牛6頭はそれから10日もしないうちに殺処分された。

 2010(平成22)年春から夏にかけて、宮崎県内で約30万頭の家畜が犠牲になり、約2350億円もの…

この記事は有料記事です。

残り1978文字(全文2201文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. AAAリーダーを暴行容疑で逮捕 「飲みに行こう」と誘うも断られ平手打ち
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです