メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐賀城

本丸の姿に思いはせ 発掘調査現地説明会に200人 嘉永絵図記載と一致の礎石出土 /佐賀

 佐賀藩10代藩主の鍋島直正が江戸時代に再建した佐賀城本丸御殿の発掘調査現地説明会が、佐賀市城内2の佐賀城本丸歴史館であった。県内外から約200人が訪れ、本丸御殿の当時の姿を想像して胸を躍らせた。

 本丸跡では明治維新150年に合わせ昨年から、実態が分かっていなかった本丸歴史館の南側を中心に、昨年10月から7区画に分けて発掘調査をしている。今回、説明会があったのは7月から始まった4回目の調査で、藩政機関が位置し…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです