メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

花を10種ほど書いて名前を考えた。すみれが好きだったが、さくらとももが並んでいるのを見て…

[PR]

 花を10種ほど書いて名前を考えた。すみれが好きだったが、さくらとももが並んでいるのを見て「さくらももこ」がひらめいた。筆名ではなくお笑い芸人の芸名としてである▲昔から漫画家になるのが夢だったが、恋愛ものの少女漫画を描いてもうまくいかず、雑誌に投稿したら案(あん)の定(じょう)選外となった。ならばお笑いの道をめざそうとひそかに芸名を考えたが、いざ弟子入りを申し込む段になって足がすくんだ▲人生を変えた「虹色の風呂場」に立ったのは、漫画家もお笑いも遠のいたそのころだった。模擬テストの作文が意外にも「清少納言(せいしょうなごん)が現代に来て書いたようだ」と激賞され、うれしくて頭を冷やそうと飛び込んだ自宅の風呂場である▲「窓が昼の光で輝いていた。ホースから出ている水がキラキラ輝いていた。水しぶきも全部輝いていた。風呂場全体が、虹色に包まれているように感じた」。アイデアがそこに降り立った。エッセーを漫画で描いたらどうだろう!▲さくらももこさんのエッセー集「ひとりずもう」にはその1年後、デビュー決定を伝える漫画誌を開いた日の思い出のイラストがある。エッセー漫画。昭和の子ども時代を温かくもどこかさめた目で切り取り、平成の人々の心をつかんだ「ちびまる子ちゃん」だった▲「毎日、人の数だけ違う事が起こっている。同じ日なんて無い。一瞬も無い。自分に起こることを観察し、面白がったり考え込んだりする事こそ人生の醍醐味(だいごみ)だ」。聞くほどに残念な早すぎる旅立ちである。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長崎・佐世保の小6同級生殺害 「大丈夫」は大丈夫じゃない 妹を殺された兄、川崎医療福祉大で講演 /岡山

  2. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  5. 講演 被害者は家族にも話せぬことある 佐世保・小6同級生殺害事件を取材、毎日新聞・川名記者 /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです