メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相「責任、実行」 経済など継続性重点 公約固まる

 安倍晋三首相(63)が自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)で掲げる公約が固まった。経済分野を中心に5年8カ月の安倍政権の「実績」を強調し、「平成のその先の時代に向かって大きな改革に挑戦する」と訴える。キャッチフレーズは「責任、実行」。政策の継続性に重点を置き、石破茂元幹事長(61)との違いを鮮明にする方針だ。

 公約は首相の「五つの決意」として、経済成長▽社会保障改革▽地方創生▽地球儀を俯瞰(ふかん)する外交…

この記事は有料記事です。

残り790文字(全文1000文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. SMAP元メンバー出演に圧力か ジャニーズ事務所を注意 公取委
  2. ジャニーズ「圧力の事実はないが当局の調査は重く受け止める」 HPでコメント発表
  3. 「吾郎ちゃんら元SMAP3人、なぜテレビに出ないの?」に公取委が判断 ジャニーズに注意
  4. 民放テレビ局幹部 ジャニーズ事務所から「圧力ないが過剰にそんたくはあったかも」
  5. 新しい地図 ファンの笑顔と共に 3人で描く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです