メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相「責任、実行」 経済など継続性重点 公約固まる

 安倍晋三首相(63)が自民党総裁選(9月7日告示、同20日投開票)で掲げる公約が固まった。経済分野を中心に5年8カ月の安倍政権の「実績」を強調し、「平成のその先の時代に向かって大きな改革に挑戦する」と訴える。キャッチフレーズは「責任、実行」。政策の継続性に重点を置き、石破茂元幹事長(61)との違いを鮮明にする方針だ。

 公約は首相の「五つの決意」として、経済成長▽社会保障改革▽地方創生▽地球儀を俯瞰(ふかん)する外交▽憲法改正--を挙げた。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文1000文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  2. 新型コロナ 京都の保育士ら、新たに27人感染 府内903人に /京都

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. ハートマークの数で分類 感染者出たススキノ店舗名 札幌市の内部資料が流出

  5. 大阪・吉村知事のうがい薬使用呼びかけに苦情殺到 府に1日で450件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです