連載

クローズアップ2018

日々のニュースを深掘りして解説します。

連載一覧

クローズアップ2018

障害者雇用水増し 通知、都合よく解釈 あしき慣行「40年以上」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた問題についての関係閣僚会議に臨む菅義偉官房長官(中央)と加藤勝信厚生労働相(右)=首相官邸で2018年8月28日、川田雅浩撮影
中央省庁が雇用する障害者数を水増ししていた問題についての関係閣僚会議に臨む菅義偉官房長官(中央)と加藤勝信厚生労働相(右)=首相官邸で2018年8月28日、川田雅浩撮影

 中央省庁の障害者雇用を巡る水増しは、国の27の行政機関で3460人に上ることが28日、明らかになった。厚生労働省による調査結果の公表後、各省庁が一斉に釈明を始めたが、あしき慣行がなぜ続いてきたのか、不明な点は多い。意図的な水増しがあったとの証言もあり、障害者の雇用の場を守るためにも、一刻も早い実態解明が必要だ。

 「制度に対する認識が不足し、(ルールを)拡大解釈して漫然と誤った運用を踏襲してきた結果。深く反省しおわびする」

この記事は有料記事です。

残り1779文字(全文1992文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集