メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

首相、露出控え「安全運転」 無投票時並みの少なさ

安倍晋三首相が「目玉政策」を打ち出した時期

 自民党総裁選の告示が9月7日に迫る中、安倍晋三首相(63)が総裁選絡みの露出を抑制している。28日には総裁選の公約ビラをまとめたが、無投票再選を果たした2015年総裁選と同レベルの表裏1枚の簡潔なもので、報道機関への配布や記者会見は行わずに党所属議員らに配布しただけだった。告示日まで会見の予定もなく、メディアに露出して首相を批判する石破茂元幹事長(61)とは対照的な「安全運転」だ。

 「アベノミクスの良い点を加速させ、足らない点はカバーして完成形に持っていく」

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性宅に約40回電話も 元埼玉県議をストーカー規制法違反容疑で逮捕

  2. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  3. センバツ「21世紀枠」推薦校、46校出そろう 12月13日に候補校発表

  4. 女優の木内みどりさん死去、69歳 バラエティー番組でも活躍

  5. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです