メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

旧優生保護法、救済に転じた北海道 道庁動かした「過酷な記録」=田所柳子(北海道報道部)

北海道が開示した旧優生保護法下で手術を受けた人々の名簿。個人情報は黒塗りされていた=札幌市中央区で6月14日、貝塚太一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制された問題は、全国最多の2593人が手術された北海道において最重要課題の一つとなった。道幹部らからは当初、「国の法律に従っただけ」と消極的な発言も出たが、過去の過酷な実態が明らかになるにつれ、真相解明と当事者救済の対策を次々と打ち出した。国の動きはいまだ鈍いが、地方での行政の姿勢の変化に希望が見えた。

この記事は有料記事です。

残り1858文字(全文2040文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 仙台市博物館 政宗の愛刀公開 ゲーム「刀剣乱舞」効果? 反響「普段の数十倍」 /宮城
  3. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  4. 大分知事選 現職と新人の2氏が届け出
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです