メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

赤い「踏み絵」

中国カトリックは今/1(その2止) 進む宗教政策厳格化 十字架に代えて国旗強要も

カトリック教会の入り口で、子どもの立ち入りを制止される親子連れの信者=2018年7月22日午前9時9分、河津啓介撮影

 

 「中華文明発祥の地」と言われる中国河南省には、20もの王朝が都を置き、無数の人と文化が交わった歴史がある。カトリックは17世紀に本格的に伝わり、現在も信仰が盛んだ。総人口約1億人の巨大省だけに、全国有数の信者がいる。複数の研究機関が中国のカトリック人口を約1000万人と推計するが、その1割を同省が占めるとの分析もある。【安陽(中国河南省)で河津啓介】

 7月下旬、同省安陽市を訪ねた。日曜日早朝、市中心部の路地には、朝食のにおいが漂い、住民がミサのため…

この記事は有料記事です。

残り2134文字(全文2363文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  4. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです