メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「今の困難 絶望するな」 マケイン氏、国民にメッセージ

マケイン上院議員を追悼するため、ホワイトハウスは26日朝から半旗を掲げ(上)、27日午前にやめたが(中)、27日午後に再び半旗に戻した(下)=ロイター

 【ニューヨーク國枝すみれ】「今の困難に絶望するな。米国の未来と偉大さを信じろ」。25日に死去したジョン・マケイン米上院議員は、国民への最後のメッセージとしてこう訴えていた。側近が27日、マケイン氏が生前に書き残した手紙を公表した。トランプ政権になって深まった米社会の分断を踏まえたものとみられ、手紙は国民への深い信頼の言葉で締めくくられていた。

 手紙は、自由や平等、すべての人間の尊厳が尊重されることを理想とする米国を「世界で最も偉大な国」と形容した。だが、その偉大さは「愛国心と、同族意識に基づく(他者との)対立を混同し、国境の壁の内側に引っ込み、理想で社会を変革できることを疑うときに、弱まる」と警告した。

この記事は有料記事です。

残り404文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです