メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

慰霊に尽くした生涯 台北支局・福岡静哉

 「ここに骨つぼが納められています」。台湾中部・台中市の宝覚寺(ほうがくじ)。林法玄(りんほうげん)住職(65)が案内してくれた部屋には金色に輝く納骨所が並んでいた。一つ一つの扉の奥に骨つぼが丁寧に納められている。「戦前、台湾で亡くなった日本人約1万人のご遺骨です」

 話は1947年にさかのぼる。野沢六和(のざわろくわ)さん(故人、当時29歳)が中部・苗栗(びょうりつ)県の自宅庭で農作業中、約500体もの遺骨を見つけた。自宅の敷地は戦前、日本陸軍の病院があ…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです