メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

育児と企業

改革の現場から/中 男性ためらう育休 仕事の穴埋め、職場で模索

メルカリではスマートフォンなどを使った社内対話ツールが充実しており、育休中でも職場と情報共有しやすいという=今村茜撮影

 「ここに転職しなければ2人目の子供を持とうとは思わなかった」。フリーマーケットアプリを手がけるメルカリの技術職、新井啓太さん(40)は、男性が育休を取るのが当たり前という社内環境が、妻との間で第2子出産を決意する大きな動機になったと振り返る。

 長女(4)が生まれた際に勤めていた通信会社では、男性社員の育休取得に理解が得られる雰囲気ではなかった。上司や同僚からも「取らなくてもどうにかなるだろ」と言われ断念。海外出張も多く、育児は妻に任せきりの状態になった。デザイナーの仕事をしながら育児に当たる妻の負担は重く、「2人目はあきらめよう」というのが2人が出した結論だった。

 しかし、2014年に転職したメルカリでは、小泉文明社長(37)が自ら2カ月間の育休を取るなど、男女を問わず育休の取得を奨励。育休の間も8週間は給与の100%を会社が支給し、取得率は女性が100%、男性も約8割に上る。新井さんも2カ月の育休を取り、「妻に感謝されたし、長女とふれあう時間も増えた」という。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  2. 「はやぶさ2」とカプセルの撮影に成功 京大・岡山天文台と鳥取市の施設

  3. ORICON NEWS 金城茉奈さん、病気のため死去 享年25歳 『リュウソウジャー』龍井うい役で出演

  4. 見る探る 「これはいじめではないか…」アンジャッシュ・渡部建さんの謝罪会見に行ってみた

  5. コロナ重症病床、7都府県で使用率20%以上に 医療崩壊に現実味

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです