特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 深浦康市九段-羽生善治竜王 第8局の4

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

差が詰まる

 図で、すぐに目につく[後]3四香は、直ちに[先]5五飛もあれば、[先]2五飛[後]3八香成[先]2三歩成[後]3四銀[先]5五飛もある。5三の地点は後手玉の最弱点。この変化は選びづらい。

 とはいえ、実戦の[後]4三桂はよくなかった。譜の通り、飛車を追い回して好調に見えるが、[後]1八馬に[先]3七銀の活用を許した。先手にとって、生飛車と馬の交換は大歓迎。このあたり、優位である羽生が、深浦の粘りに手を焼いている印象を受ける。

 戻って、図では[後]6四歩と突き出す軽い受けがあった。[先]同角は[後]6五歩で桂が死に、懸案の[先]9六歩には[後]6三桂(参考図)が好打になる。以下[先]9五歩なら[後]7五桂[先]9四歩[後]8七桂成で後手優勢。「[後]4三桂は筋が悪かった」。局後に羽生も同意している。

この記事は有料記事です。

残り230文字(全文588文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集