連載

くらしの明日

社会保障のあるべき姿を専門家が論じます。

連載一覧

くらしの明日

私の社会保障論 算数オリンピック 未来の人材獲得に生かせ=東レ経営研究所・渥美由喜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

渥美由喜(なおき)

 理工系のノーベル賞受賞者者数で世界トップ5に入る我が国で、「国の心、子知らず」の状況が続く。国はイノベーションの創出や産業競争力強化に不可欠な理工系人材の育成戦略を掲げるが、子どもの「なりたい職業ランキング」で理工系人気は低迷する一方だ。約50年前、男子の人気トップ10は、(1)エンジニア(5)電気技師(6)医師(8)科学者(9)建築士--と理工系職業が半分を占めていた。しかし、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の調査によると、2017年は(3)医師(5)建築士(10)科学者にとどまり、科学者は(6)ユーチューバーの後塵(こうじん)を拝する有り様だ。

 そんな中、理工系人材育成で大きな役割を果たしてきたのが「算数オリンピック」だ。1992年以降、毎年、小中学生の学年別に算数の能力を競う大会が開催されてきた。創設者の若杉栄二理事長によると、当初、十数年は赤字だったが、全国有志の協力のもと、同氏が身銭を切って継続してきたそうだ。

この記事は有料記事です。

残り720文字(全文1149文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集