メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 算数オリンピック 未来の人材獲得に生かせ=東レ経営研究所・渥美由喜

渥美由喜(なおき)

 理工系のノーベル賞受賞者者数で世界トップ5に入る我が国で、「国の心、子知らず」の状況が続く。国はイノベーションの創出や産業競争力強化に不可欠な理工系人材の育成戦略を掲げるが、子どもの「なりたい職業ランキング」で理工系人気は低迷する一方だ。約50年前、男子の人気トップ10は、(1)エンジニア(5)電気技師(6)医師(8)科学者(9)建築士--と理工系職業が半分を占めていた。しかし、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会の調査によると、2017年は(3)医師(5)建築士(10)科学者にとどまり、科学者は(6)ユーチューバーの後塵(こうじん)を拝する有り様だ。

 そんな中、理工系人材育成で大きな役割を果たしてきたのが「算数オリンピック」だ。1992年以降、毎年…

この記事は有料記事です。

残り809文字(全文1149文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです