メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

アーティスティックスイミング 乾・吉田組、デビュー戦で銀 結成2カ月「演じ切った」

デュエット・フリールーティン決勝で2位に入った乾友紀子(左)・吉田萌組の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 (第11日・記録は共同など)

 アーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)で乾友紀子(井村ク)、吉田萌(ザ・クラブピア88)組は92・1000点となり、テクニカルルーティン(TR)との合計182・3363点で銀メダルを手にした。日本は2002年釜山(韓国)大会の立花美哉、武田美保組以来となる優勝はならなかった。

 会心の演技を披露しても、中国の高い壁にはね返された。双子の蒋〓〓、蒋文文組(中国)がTR、FRとも…

この記事は有料記事です。

残り1156文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  2. JR茨木駅で男性転落、右足一部切断の重傷 約3万人に影響

  3. 白いマダコを展示 水族館スタッフ「擬態できず、苦労したと思う」 下関・海響館

  4. 新千歳発の全日空機、引き返す 客室に「白い粉」拡散

  5. 転落死 男子中学生が転落死 インフルエンザで療養 広島 /広島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです