メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ジャカルタ・アジア大会

アーティスティックスイミング 乾・吉田組、デビュー戦で銀 結成2カ月「演じ切った」

デュエット・フリールーティン決勝で2位に入った乾友紀子(左)・吉田萌組の演技=ジャカルタで2018年8月28日、宮間俊樹撮影

 (第11日・記録は共同など)

 アーティスティックスイミングのデュエット・フリールーティン(FR)で乾友紀子(井村ク)、吉田萌(ザ・クラブピア88)組は92・1000点となり、テクニカルルーティン(TR)との合計182・3363点で銀メダルを手にした。日本は2002年釜山(韓国)大会の立花美哉、武田美保組以来となる優勝はならなかった。

 会心の演技を披露しても、中国の高い壁にはね返された。双子の蒋〓〓、蒋文文組(中国)がTR、FRとも1位の合計186・5101点。乾、吉田組に4・1738点差をつけ、2大会ぶり3度目の優勝を果たした。中国勢としては4連覇を達成した。乾は「結果は悔しいが、自分たちの世界観を演じ切れた」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1374文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです