連載

Features・2020年へ

Features(フィーチャーズ)は英語で特集や主役などを意味する。2年後の東京五輪を目指し、アジア大会を戦う日本選手団を紹介する。

連載一覧

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 陸上 男子400メートルリレー 最高の走順、突き詰め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
リレー侍
リレー侍

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 世界で表彰台を狙う力を持つ日本と中国がぶつかる。個の力で勝る中国に対し、バトンパスで上回る日本の構図で、2020年東京五輪の金メダルを意識し、互いに負けられないレースとなる。

 26日夜に行われた男子100メートル決勝で、自己ベストタイの10秒00を出して銅メダルを獲得した直後、山県亮太(セイコー)はすぐに気持ちを切り替えた。「まずはリレーを頑張ります。金メダルを目指します」と宣言した。

 前回の14年仁川大会(韓国)で、アジア記録(当時)の37秒99をマークした中国に0秒50の大差をつけられたことが日本の原点となった。日本陸上競技連盟の科学委員会の測定では、得意と思っていたバトンの受け渡し区間のタイムでも0秒15の差をつけられた。屈辱を糧にアンダーハンドパスの際の手を上げる角度などを突き詰めた。その成果が16年リオデジャネイロ五輪での銀メダルと17年ロンドン世界選手権での銅メダル…

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1067文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集