メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Features・2020年へ

ジャカルタ・アジア大会 陸上 男子400メートルリレー 最高の走順、突き詰め

リレー侍

 <フィーチャーズ アジア大会2018>

 世界で表彰台を狙う力を持つ日本と中国がぶつかる。個の力で勝る中国に対し、バトンパスで上回る日本の構図で、2020年東京五輪の金メダルを意識し、互いに負けられないレースとなる。

 26日夜に行われた男子100メートル決勝で、自己ベストタイの10秒00を出して銅メダルを獲得した直後、山県亮太(セイコー)はすぐに気持ちを切り替えた。「まずはリレーを頑張ります。金メダルを目指します」と宣言した。

 前回の14年仁川大会(韓国)で、アジア記録(当時)の37秒99をマークした中国に0秒50の大差をつ…

この記事は有料記事です。

残り802文字(全文1067文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです