東日本大震災

福島第1原発事故 「防護服像」撤去へ 福島駅近く設置 批判相次ぎ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
福島市が撤去する方針を示した「サン・チャイルド」=福島市早稲町で2018年8月28日午後1時51分、岸慶太撮影
福島市が撤去する方針を示した「サン・チャイルド」=福島市早稲町で2018年8月28日午後1時51分、岸慶太撮影

 福島市は28日、東京電力福島第1原発事故からの再生をテーマに、JR福島駅近くに設置した子ども像「サン・チャイルド」を近く撤去すると発表した。今月3日に設置されたばかりだが、防護服のようなものを着用した姿が「風評被害を助長する」などと批判が相次いでいた。

 現代美術作家のヤノベケンジさんが、原発事故後の2011年に制作。高さ約6・2メートル、重さ約800キロで、困難な状況の下、未来を見据えて立ち上がる姿を表現したという。

 寄贈を受けて設置したが、市には「福島は防護服が無ければ生活できないという印象を与える」などの批判が寄せられ、アンケートでも反対する声が7割を占めたという。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集