日本相撲協会

元顧問「解雇不当」棄却 東京地裁

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本相撲協会元顧問の小林慶彦氏が、協会の事務総長職を任せられていたのに解雇されたのは不当だとして、雇用の継続などを求めた訴訟の判決で、東京地裁(阿部雅彦裁判長)は28日、「雇用された事実自体がない」として請求を棄却した。

 判決によると、小林氏は、協会の北の湖前理事長(元横綱)と2002年ごろから親…

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文316文字)

あわせて読みたい

注目の特集