メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛知工科大

超小型衛星お披露目 愛称は「がまキューブ」

がまキューブを披露し、笑顔を見せる西尾正則教授=愛知県蒲郡市西迫町の愛知工科大で2018年8月28日、石塚誠撮影

 愛知工科大(愛知県蒲郡市西迫町)の研究グループと、同市内の金属加工会社など7社が共同で開発を進めてきた超小型衛星「AUTcube2(愛称・がまキューブ)」が完成し28日、同大でお披露目された。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などが10月29日に打ち上げ予定のH2Aロケットに搭載される。

 記者会見した同大工学部電子制御・ロボット工学科の西尾正則教授によると、衛星から発光ダイオード(LED)を光…

この記事は有料記事です。

残り298文字(全文496文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  4. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

  5. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです