メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥羽水族館

新種「テンプライソギンチャク」を展示

カイメンと共生する珍しい習性を持つ新種の「テンプライソギンチャク」=鳥羽水族館提供

 鳥羽水族館は27日、三重県鳥羽市の離島・菅島の磯で採取した新種の「テンプライソギンチャク」の展示を始めた。カイメンと共生する珍しい習性を持つイソギンチャクは、世界で2種しか確認されていないという。

 2006年に神奈川県三浦市の磯で正体不明のイソギンチャクとして発見された。13年に鳥羽市安楽島町の海岸で初めて採取され、14年には同市の菅島の磯でも確認された。

 カイメンにくるまれたイソギンチャクの姿が、エビのテンプラに見えることから、東京大大学院理学系研究科のグループがテンプライソギンチャクと名付け、4月に日本動物学会の学会誌の論文で、新属新種として発表した。詳しい生態は不明で体長は3~4ミリ。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相の資産6277万円 内閣平均1億651万円 閣僚ら資産公開

  2. 下地幹郎衆院議員、自民沖縄県連に復党願 IR汚職巡り維新から除名処分

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです