メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高速バス

道間違え、山道で立ち往生 和歌山

西日本ジェイアールバスのウェブサイト

 西日本ジェイアールバス(大阪市)が運行する和歌山と大阪を結ぶ高速バスが26日夜、渋滞を避けるために高速道路を降りた和歌山県内で道を間違え、狭い山道で立ち往生していたことが明らかになった。乗客38人は山道を約700メートル歩き、同社が手配したタクシーに乗り換えるなどした。

 同社によると、同県白浜町のレジャー施設アドベンチャーワールドを午後6時6分出発、同10時2分に大阪駅に到着する大型バス(定員40人)。

 阪和自動車道を走行していた男性運転手(50)が同7時50分ごろ、「20キロ以上の渋滞のため迂回(うかい)指示を」と同社管理所に連絡。運転手は指示を受けて御坊南インターチェンジを降り、県道を走っている途中のY字路で行き先を間違えた。道幅はバスの幅2・5メートル程度で街灯もなく、車体左後部をガードレールにぶつけたり、左前方ミラーを破損したりして、約1キロ先の同県日高川町内で止まった。

この記事は有料記事です。

残り187文字(全文583文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者の確認ない鳥取・島根 外出自粛の都市部から観光客も 新型コロナ

  2. 専門家、新型コロナ「第2波」懸念 「中国と比べものにならない感染者が日本に」

  3. ファクトチェック 新型コロナ「五輪延期後に検査急増」は本当か 「感染隠蔽」説を検証すると…

  4. NYの看護師が死亡 防護服不足でごみ袋着用 新型コロナ

  5. 安倍首相「長期戦の覚悟を」「気を緩めれば急拡大」「現金給付行う」 新型コロナで記者会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです