メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

静岡の水族館

キタオットセイ、今年初の元気な赤ちゃん

母親に寄り添うキタオットセイの赤ちゃん(左)=沼津市内浦長浜の伊豆・三津シーパラダイスで、2018年8月29日午前11時55分、石川宏撮影

 水族館「伊豆・三津シーパラダイス」(静岡県沼津市内浦長浜)で、キタオットセイの赤ちゃん1頭が生まれた。同館では毎年のようにオットセイの赤ちゃんが生まれているが、今年は2頭が流産し、初めての元気な赤ちゃん。母親に寄り添い、すくすく育っている。

     赤ちゃんは26日午前8時10分ごろ生まれた。雄で体重約5.3キロ、体長約60センチ。キタオットセイの出産時期は6月下旬~7月下旬で、遅い出産だった。4~5カ月は母乳で育ち、10カ月~1年すると自分で餌を食べるようになる。

     キタオットセイは東北以北の太平洋や日本海、オホーツク海などに生息するアシカの仲間。成獣になると雌は約50キロ、雄は最大で約270キロになる。同館のキタオットセイは赤ちゃんを含め17頭になった。【石川宏】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
    2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
    3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
    4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
    5. 懲戒処分 職務中に性行為、不倫の警官 県警 /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです