メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子20キロ競歩、京大出身の山西が銀

男子20キロ競歩で銀メダルを獲得した山西(中央)=ジャカルタで2018年8月29日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子20キロ競歩が行われ、山西利和(愛知製鋼)が1時間22分10秒(速報値)で銀メダルを獲得した。2014年仁川大会(韓国)の鈴木雄介(富士通)の銀メダルに続いて2大会連続のメダル獲得となった。

 今春に京大工学部を卒業した山西が初のアジア大会で結果を出した。京都・堀川高1年の夏前に競歩を始め、3年時だった13年の世界ユース選手権1万メートル競歩で金メ…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです