メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

男子20キロ競歩、京大出身の山西が銀

男子20キロ競歩で銀メダルを獲得した山西(中央)=ジャカルタで2018年8月29日、徳野仁子撮影

 【ジャカルタ小林悠太】ジャカルタ・アジア大会は第12日の29日、陸上の男子20キロ競歩が行われ、山西利和(愛知製鋼)が1時間22分10秒(速報値)で銀メダルを獲得した。2014年仁川大会(韓国)の鈴木雄介(富士通)の銀メダルに続いて2大会連続のメダル獲得となった。

 今春に京大工学部を卒業した山西が初のアジア大会で結果を出した。京都・堀川高1年の夏前に競歩を始め、3年時だった13年の世界ユース選手権1万メートル競歩で金メ…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです