メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
NAFTA

日本、生産体制見直しも 車関税ゼロ厳格化で

北米における日本の自動車大手の生産台数(2017年)

 米国とメキシコが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で、自動車関税をゼロにする条件の厳格化で大筋合意したことで、日本の自動車メーカーの多くが生産体制の見直しを迫られる可能性が出てきた。メキシコなどで生産した自動車を米国に輸出しているためで、各社は今後始まるカナダとの交渉の行方を注視している。

 現行のNAFTAでは、域内で一定以上の部品を調達した自動車を関税ゼロで輸出できる「原産地規則」があり、現在は62.5%を調達して組み立てることが条件だ。

 日本メーカーを含む各国の自動車メーカーは関税ゼロのメリットを受けるため、特に米国やカナダの3分の1…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文858文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです