メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア情勢

ロシア、トルコであつれき

 【モスクワ大前仁】シリア情勢をめぐり、アサド政権を支援するロシアと、反体制派を支えるトルコの間であつれきが生まれている。アサド政権が今月に入り、反体制派にとって最後の重要拠点の制圧に向け、圧力を強めているためだ。ロシアとトルコは共に対米関係を悪化させたことを受けて協調路線を敷くが、シリア情勢では溝が深まる恐れも出ている。

 アサド政権がここ1~2年で国内の支配地域を回復してきた結果、反体制派にとって重要拠点は北西部イドリブ県しか残されていない。政権はこの地域の陥落を視野に入れ、9月上旬にも大規模な攻撃に乗り出すとの観測も生じている。

この記事は有料記事です。

残り576文字(全文845文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  5. 熱血!与良政談 「菅降ろし」の始まり方=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです