メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井七段が青野九段破る C級1組で4連勝

 将棋の現役最年少棋士の藤井聡太七段(16)が28日、東京都渋谷区の将棋会館で行われた第77期名人戦順位戦C級1組4回戦で、青野照市九段(65)に112手で勝ち、4連勝となった。C級1組は39人が各10局指して上位2人がB級2組へ昇級する。青野九段は桐山清澄九段(70)に次ぐ現役で2番目の年長棋士で、最高位のA級には11期在籍した。

     藤井の順位戦初参加からの連勝は14となり、大内延介九段(故人)と並ぶ史上4位タイの記録になった。初参加からの連勝記録は中原誠十六世名人(70)の18連勝。順位戦通算では、森内俊之九段(47)の26連勝が最長記録。【山村英樹】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
    3. こうのとり7号機 物資運ぶ「こうのとり」 打ち上げ成功
    4. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです