岐阜市

病院エアコン故障、高齢4人死亡 県警殺人で捜査

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
4人が相次いで死亡した「Y&M藤掛第一病院」=岐阜市一番町で2018年8月28日午後1時54分、沼田亮撮影
4人が相次いで死亡した「Y&M藤掛第一病院」=岐阜市一番町で2018年8月28日午後1時54分、沼田亮撮影

 岐阜市一番町1の「Y&M藤掛第一病院」で26日夜から27日午前にかけ、入院患者の80代の男女4人が相次いで死亡した。岐阜県警が28日発表した。4人とも熱中症で死亡した疑いがあり、4人がいた3、4階のエアコンは20日以降、故障していた。県警は28日、容疑者不詳の殺人容疑で病院を捜索し、病室の管理が適切だったかなどを調べている。岐阜市保健所や岐阜県も医療法に基づき立ち入り検査した。

 県警によると、27日午後8時半ごろに関係者から県警に通報があり発覚した。26日午後8時40分に84歳女性が死亡、27日午前3時5分に85歳女性が死亡し、同10時35分と11時37分に83歳と84歳の男性がそれぞれ死亡した。いずれも検視の結果、目立った外傷は確認されず、県警は司法解剖して詳しい死因を調べる。

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文968文字)

あわせて読みたい

ニュース特集